私たちの考え:部分的・総合的に提供する理由 |ECサイト構築からフルフィルメントまで【ECフルサポート】

メールでのご相談はこちら

事例紹介

近年のEC市場動向

戦略的デザイン構築

ECシステム構築

料金紹介

サービス紹介

私たちの考え

部分的・総合的に提供する理由

よく「売上を伸ばす=集客数増加」ということ考えてしまいがちですが、これは大きな間違いです。
例えば、集客母数を増やすために「SEO」や「リスティング広告」だけを行っただけでは売上につながりません。
SEOを強みとする私たちが言うことではないかもしれませんが、
SEOやリスティングは「集客手段」の一つにしかすぎません。

サイトへの訪問者が増えても、売れないサイトは売れません。
どんなに新規のお客様が増えても、売りっぱなしのサイトは、ジリ貧になります。

このような内容は釈迦に説法かもしれません。
しかし、サイト訪問者の表情や感想を、直接見聞きすることが少ないネット事業者の方は
意外と忘れてしまっている人が多いように感じます。

クライアント様のサイトに必要な"コト"を追及し続けてきた結果
SEOラボやレスポンスラボといった2つの研究チームが立ち上がり
レスポンスを高めるために必要なパーツ、リピート対策・効果測定の視点など
自然と体系化することができました。

また、成果を考えたシステムを求めてきた結果
自社オリジナルのECシステムも提供することになりました。

当たり前のことを、当たり前に追求し続け、提供することが弊社の専属サービスのポリシーです。

トップへ戻る

「土壌」と「根」が最重要です

ネット通販は、比較的短時間で多くのアクセスや売上を見込める要素を持っているので 短期的な売上を求め、実現するためのサービスを探す企業様が多いですが、 売上を上げるための"必殺技"などありません。

企業の「土壌」と「根」が最重要だと私たちは考えます。

一時的なブームで売れても、「土壌」と「根」が弱ければ、最終的には枯れ木になってしまいます。 一方で、「土壌」と「根」がしっかりしていれば、時間がかかっても必ず素晴らしい「実」が実ります。

これは、今まで多くのサイトをご支援させていただき、成長し続けるサイトの共通点を見てきて 全ては、「土壌」と「根」(※リンク)が大きな影響を与える。という答えにたどりついたからです。

これは、当社のお客様から学ばせて頂いたことも多いのも確かですが それだけではありません。

「世界に誇れる日本の会社」などで、インタビューをさせて頂いた企業にも共通していました。

確かに、マーケティングメソッドやノウハウを無視することはできませんし、
私たちも、日々研究しています。

しかし、「土壌」と「根」がしっかりした企業でなければ、過去の成功事例を活用しても 仕組みを構築しても、期待どおりの「実」は実りません。

いったい、何のために今の事業を立ち上げたのか?
誰に対して、何を提供して、喜んでもらうのか?


当たり前のことですが、私たちは、とても大切なことだと考えています。

「検索エンジン対策」の言葉の意味が変わります

「検索エンジン対策」や「SEO」という言葉が誕生したのが1995年くらいです。
数年後、検索エンジンを中心とした周辺ビジネスは、一つの産業へと発展し 上位表示のためなら、"どんな手法"でも行う悪徳業者が増え、検索エンジンと 悪徳業者とのイタチゴッコがはじまり、様々な情報が錯綜しました。

しかし、これからの検索エンジン対策(SEO)は、大きく変わってきます。
検索エンジンは日々進化をしています。
その目的は、ただひとつ。

検索エンジンの利用者にとって、最適なサイトと出会えること。

検索エンジン利用者にとって、最適なコンテンツ(情報)や、商品・サービスを提供していれば、 必然的に上位に表示される時代が、すぐそこに訪れています。

もちろん、分家サイト(※)対策など、現在の検索エンジンの特徴を把握し サイト運営の戦略を検討することや、サイトの情報を検索エンジンにしっかりと理解してもらう対策というのは 必要です。
しかし、検索エンジン利用者にとって、最適なコンテンツ(情報)や、商品・サービスを提供し続けることが、
最も大切なことだと信じて疑いません。
※ 「分家サイト」・・・当社商標登録名称です。

トップへ戻る

「成約」について、こう考えます

レスポンスの高いサイトとは何でしょうか?皆さんはどのようなサイトを想像されますか?
もし、キャッチコピーなどの「コトバの力」や「デザインクオリティ」で、顧客の心をコントロールしようとしている場合は、本質的なレスポンスを高めるということから少々離れてしまいます。(必要な部分もありますが)

売れる広告や、売れるキャッチコピーなど、世間では騒がれています。
否定はしませんが、当社の考えとしては、本質的ではないと考えます。

それには2つの理由があります。


1つ目は、チラシやTVCMとは異なり、ホームページでは企業のすべてを感じ取ることができるからです。
(文章、画像、情報などなど)従って、いくら表現方法だけを工夫しても一瞬の効果だと考えています。

2つ目は、いくら表現方法を頑張って主張しても、多くのユーザーが冷静に判断する時代に突入しているからです。
サービスを利用者した人の感想は、個人のブログや口コミサイトなどで情報を入手できます。

情報に触れることに慣れた現代人は、ECサイトやホームページ内で使用されるコトバやコンテンツ(情報)などから、商売に対する「姿勢」や、「こだわり」、「お客様・社員・取引先企業への思いやり」などを察知します。

これからは、本質・本物を追及する企業が、自然と応援される時代に突入したと、私たちは考えています。

「システム」の選び方について、こう考えます

インターネットで物やサービスを販売する上で、「システム」は非常に大切な役割を担います。
「販促機能」、「業務効率化」、「顧客分析」などなど、様々な切り口で検討する必要があります。

最も大切なことは、自社の現状・目標を考え、選択することです。
登ろうとする「山」の難易度が異なれば、必要な道具や準備は大きく異なってきます。

それと同じように、御社にとってEC事業がどのような立ち位置で、どのような目標を持って
立ち上げるのかによって、システム選定は慎重に行うべきです。

当社にも、多くのECサイト運営経験から、こういうのが欲しかった!という視点で開発した
こだわりのECシステム「ECシェアード」というサービスがあります。

こちらのシステムは、「メール配信」・「広告効果測定」・「レコメンド」・「SEOテンプレート」 「顧客ポートフォリオ分析」をはじめ、販促から顧客分析までの機能が搭載され、定期的に機能追加・バージョンアップを行い、 カスタマイズが可能なASP(SaaS)サービスです。

しかし、お客様の目標などをお聞きして、ゼロからシステム開発すべき場合は、無理に当社のサービスを進めたりはしません。
また、逆も然りで、お客様の状況次第では、もっと安価なASPサービスなどもオススメしています。

開発会社さんへ多額な費用を投資しても、売上は約束されません。
逆に、目標によっては運営中に実践すべき業務も異なり、対応できないシステムも存在します。

スタートする前に、「目標」と「必要業務」を整理し、最適なシステムを導入すべきだと私たちは考えます。

まずはお気軽にご相談下さい。







ページの先頭へ